咽頭炎をなんとか抑えたいためのブログ

耳鼻咽喉科に通ってるかたがたにとって、少しでも有益な情報を提供できたらと思って更新してますが今の所有益な情報どころか有害な情報ばかりですので鼻くそほじりながら流し見程度でご覧ください

最近暑すぎて通院する気になれん

けどbスポットはやはり一週間に一度は行くべきだと思って通ってます

咽頭炎に関するブログで、2017年度に更新してるブログって少ないと思うので

こういうひと2017年内7月現在いるよ!!っていうのを伝えるためにも不定期に更新を続けたいと思います

慢性的な上咽頭炎の人って、案外周りに似たような人がいなくて精神的に心細い人が多いような気がします。すいません統計とってませんが。

でも、仲間がいるよ!ってことがわかれば精神的に和らぐと思うのです

完治はしないけど緩和はできるので(全然励ましになってない)、お互い頑張りましょう

改善できる世の中の生まれでよかったとおもうしかないですね


なんとなくよくなったかも

なんとなーくよくなってきました


bスポットやったら一発で良くなった

先日久々にbスポットやってきました

すんごい激痛!半年くらい通ってるのに2週間ぶりにやっただけですんごい激痛だよ!どんだけ耐性進歩してないんだよ!!


兎にも角にも痛かったんですがだいぶ喉の調子よくなりました。

また定期的に通えばいつも通りの体調に戻るとおもうとうれしいです。


今週は出かけることが多いので、しっかりコントロールしなくてはいけませんね


そういえばびわ茶を買ってみました。というのも免疫力上げるお茶のひとつに真っ先に挙げられていたからです

あとはアップルサイダービネガーっていうお酢がいいみたいです くそまずそうです

咽頭は、免疫と直結してますから、免疫を高めることに重きを置いて損することはなかろうと思います

今度は味のレビューしてみますね


これだけはいえるけど、風邪が喉からくるひとは徹底的に喉の痛みで終わらせるよう努めるべしです

ここさえなんとかしとけば治り早いです。

7月になろうとしてますが咽頭炎は年中無休です。夏だからと言って気を抜かないで体調管理したほうがいいですよー 経験上


このブログもあと数ヶ月で一年ですからあっという間です。

去年の7月は、患って10月くらいまで治らなかったですからね、沈黙の耳鼻科シリーズでしたからね。沈黙の通院、沈黙の転院・・・他

そこで学んだ教訓を活かしてまた夏を迎えようとしています。今年の7月はどうなるのか果たして学びを活かして一夏を過ごせるか楽しみです

ビエンガンでも案外効きそう

喉の漢方薬を切らしてしまったので、

このブログに度々出てくるビエンガンという漢方薬で代用してるんだけど

意外となんとかなるなーと

ビエンガンと喉の漢方薬併用すると尋常じゃない数になってたので、ちょっと抵抗もあったんだけど飲んだんだけど、

ビエンガンにも炎症を抑える作用があるので、

別に単体でもなんとかなる感じでした

しかも鼻水も抑えられて一石二鳥

ただ2週間で6000円くらいなので高すぎるのがネックだけど総合風邪薬としては優秀なのではないでしょうか

常にストックしておきたい漢方薬のひとつですね



また喉痛くなってしまった

2週間bスポット受けてなかったらこのザマです。

また咽頭炎ぶりかえしてしまいました

理由はなんとなくわかりますが、もしそれでほんとになったとしたら自分虚弱すぎます


はやく週明けになって耳鼻科にいかなければ

この一日を過ごすのがつらいわー

喉痛いってほんと、生きるモチベが低下する

呼吸しづらいし吸うと喉痛いしご飯食べてもつば飲んでも痛いし

私は喉の痛みだけは大嫌いでモー娘みたいに最後大好きになることはないです。(わかる人向け


でも自分bスポットしてもらってるときとか、

扁桃炎晴れてるかもーってみてもらうときって

あんまり扁桃炎のこといわれないんだよね

あんまり腫れてないっていわれる

扁桃腺とったほうがいいとかもいわれない

なので私の喉の痛みは主に上咽頭炎で、そこでしか解決できなくて、トローチとかのど飴で手軽に直接幹部にアプローチできず、大体bスポットか漢方でしか対応できないのが地味に面倒


一番嫌なのは金土日に体調わるくなることですね

悪化余裕ですからね

平日中に起これば翌日になんとかできますもの


自分の虚弱をほんと恨みます・・・


アストリンゴゾールの蓋問題

これ短いけどかこうかなとおもって


アストリンゴゾールをもし買われたかたで

フタ押しながら回しても開かなくてがんばっても開かなくて手のひらに風穴が開きそうなひと

じぶんもほんと、ブラックホールできそうな勢いだったんですけど

片手でフタ押しつつ、片手でアストリンゴゾールのまんなからへんをぎゅっともちながら、液体飛びそうで飛び出さない加減でぎゅっと持ちながらフタを回すと開くことが多かったです。

で、何回かフタ開けるのを成功させると特段頑張らなくても押しながら回せば開くようになります。


このフタにした理由は安全のためなのはわかってるんだが

普通のフタにしろよっ・・・!て思います。


フタを上げようと必死になったあの数時間

無駄だなって思いましたよ。


いちいち押しながらやるの面倒でしたら普通のフタの容器に移し替えたほうがいいです。

押しながらやるフタはこの件で苦手になりました。この一手間の数秒の積み重ねで最終的に世界救えますよ。もうもったいなさすぎです。


フタはもうアレですけど、中身は効果ありますのでそこはアピールしときます。

13

あれから鼻うがいさぼりつつあります。

効くとはいえ、アストリンゴゾールはやはり痛いので痛みから逃げてるのが原因です


かといってアズノールはアストリンゴゾールに比べて良くなったという体感度は低く、あえてやる必要はないかなとおもい始めています。


あんなにアズノール信仰だったのに塩化亜鉛入りのアストリンゴゾールのほうが効果何倍もあると感じ乗り換え始めています。おほ。こんなに言うことコロコロ変わるって人間って信用ならないよねワラ


で、さぼってるのですが、時々喉が痛くなるので、bスポットしに定期的に耳鼻科行ったり、1日一回漢方飲んだり、ビタミン剤よくとったりしてなんとかその場しのぎでごまかしごまかし、というのをやってます。

うん、もう根から治すのは難しいと思ってます。


ギンギョウゲドクガンが乱用しまくりにつき、効く感じが弱まった気がしたので今は、喉が痛いときは桔梗石膏を飲んで対処しています。

漢方の飲み過ぎで効きにくくなるってことはあんまり無いみたいなんですけどねえ、でも私は飲み過ぎて身体が慣れまくっちゃたのかもしれません。

桔梗石膏も、じんわり効きましたよ。完治というより違和感が緩和されてマシになるという言い方です。お守りがわりに携帯しています。


うまれつき普通の人と違って繊細で弱い喉を持ってしまったし、どうしたって人間全員努力では埋められない個人差がありますよね。


でも人と違うのは喉に限ったことではなくこのイカレポンチみたいな頭脳だって普通の人と違うので今更始まったことではないというか


だからまあ喉の弱い強いはありますし、強い人のようにはなりません。年中なにもしなくても風邪ひかない人と同じ土俵には難しいでしょうー。


でも弱い人も、わたしのことですけど、自分が快適に生活できるように色々工夫していけばそれなりに生活していけます。

むしろ今となっては、喉が弱いということが、自分が行動することでなんとかなる範囲の問題でよかったと思います。


ちなみにサプリは、なた豆は一旦お休みして、ビタミンCとビタミンBを積極的に摂取してます。

そういやなた豆飲まなくても鼻水そんな出なくなったけど出てる間はbスポット受けに行ってたから、やっぱりbスポットの効果が強いんだと実感してます。